ほとんどコラム

わたのこだわり
by intimacy-wata
カテゴリ
全体

お出かけ
学ぶ
暮らし
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
バルーンスカート
from バルーンスカート特集
em wuoleh
from eatuqojj iatak
buy acyclovir
from acyclovir
uipicey if
from ixiyid teekuku
hriuxasi upis
from peekux xvae
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:暮らし( 8 )


Celebrate my son's birthday

1月20日は息子の楓(かえで)が生まれた日。
3歳になりました。
朝から雪がちらつくほどの寒い日。
「初雪だなぁ」と窓の外の雪を感慨深げに眺めながら、
難産で生まれてきた3年前のことを思い出しました。

「自然分娩がいいね」と助産院に通うこと10ヶ月。
陣痛の間隔が狭まりつつも生まれてくる気配はありませんでした。
心音を確かめていると、陣痛の度に弱まることが分かりました。
次第に危険な状態は高まり、遂に助産院では手に負えなくなりました。
急遽TAXIが呼ばれ、近くの病院まで移動。
病院に着くと、細かい手続きよりも前に慌しく分娩室へ。
助産院では出産に立ち会う予定でいたのに、そこの病院では、
「当院の講習を受けていないと、ご主人は立ち会えません」とのこと。
仕方がなく入院する個室で一人待機。
ただ待つ事以外何も出来ない自分に歯痒く、落ち着きませんでした。

どれほど待機していたのか覚えていませんが、
ようやく看護師さんに呼ばれ、息子だけ少し顔を見ることができました。
後で聞いたところ、臍の緒が首に2回巻き付いていたそうです。
陣痛の度に心音が弱まっていたのは、その度に首が絞められていたからだそうです。
生まれる数週間前、逆子状態になった際、向きは助産院で直してもらったのですが、
そのとき首に巻きついた臍の緒が二重になってしまったらしいです・・・。

何はともあれ、
吸引機でラグビーボールの様に伸ばされた頭蓋骨もすっかりきれいになった息子。
死んでいてもおかしくない状況で生まれてきてくれた息子に感謝します。
もちろん、人に腹を踏まれながらも生んでくれた嫁に感謝しています。
これからもみんなで楽しい日々が続くといいね。
そんな想いを込め、息子の誕生日を祝してケーキを焼きました。

<a macrobiotic strawberry cake>
d0103159_0252371.jpg
d0103159_0253634.jpg

[PR]

by intimacy-wata | 2007-01-20 00:24 | 暮らし

クリスマスケーキ

クリスマスケーキを作ったのは初めてだと思います。
といっても、デコレーションばっちりなものではなく、チョコケーキですけど。
卵・砂糖・乳製品は使いませんが、メープル・油・ココアをリッチに使ったところは、
クリスマス仕様という感じでしょう。
レシピは中島デコさんの「パンとおやつ」から、キャロブケーキを参考にしました。
本体とクリームでキャロブを使うところは、キャロブとココアを1:1の割合にしました。
本体の豆腐はジョニー、クリームの豆腐は豆乳としました。
そして、調合を僕が担当し、焼き担当+監督は嫁、アシスタントには2歳の息子を起用。
無事に仕上がりました^ー^
d0103159_034894.jpg

以前に作った「ぬかチョコナッツバー」もそうですが、混ぜて焼くだけで美味しいレシピ、
デコさんってスゴイね><今回も簡単に美味しく出来て満足!
表面はこんがりサクっと焼き上がり、中はしっとりとまとまって崩れにくく食べやすい。
焼き加減を嫁に任せたのが良かったのか、配合がナイスだったのか(笑)

夕飯はちょっとリッチに松坂牛のステーキ。
普段はマクロな標準食を基本としている我家ですが、この時期は肉を食べます。
というのも僕の田舎は三重県なので、年に1~2回実家から松坂牛のギフトが届きます。
実家は酪農家ではありませんが、名産品ということで定期的に送ってくれるのです。
このギフトは、ステーキ用とすき焼き用がセットになっているのですが、以前と違って、
今では一度にたくさん食べられなくなったので、消費に時間が掛かりそうです。
しかし心を込めて育てられた大切な命を分けてもらうのですから、有難く頂きます。
両親にも感謝です。
年に一度しか帰れていないけど、いつもありがとう。

昼寝をしなかった息子はケーキを食べる前に寝てしまったので、
感想は後日・・・ということに。
18cmのホールを8等分した一切れが一食分なので、二人or三人で食べるとなると、
連日食べてしまいますね。でもちょっと楽しみだったり^^;
[PR]

by intimacy-wata | 2006-12-24 23:30 | 暮らし

誰かのためにできること

出張から戻りました。
社内で通常業務になると帰宅が遅くなるので、休み時間を利用して日記を書こう^^

先日少しだけ触れた、自分で料理をする話。

マクロビオティックを生活に取り入れてから、集まりにもいろいろと参加するようになり、
多くの話を聞くようになりました。
本やブログもいくつか読むようになり、情報量は増えてきました。

でも、違和感というか・・・
何か物足りなさを感じていたのです。
話を聞いても、ブログを見ても、「ふむふむ。なるほどね。ほう。」
と感心したり驚いたりするだけ。
自分からコメントしたり、なにかを発することがさほど多くないことに気づいたのです。
ひとつひとつ全体を見渡してみると、みなさんご自分で作られた料理のことを元に情報
をやりとりしている場面が多いようだと感じました。
もちろんそれはコミュニケーション材料のひとつに過ぎないとは思います。
でも欲しい食材を探したり、食べたいものを作るということでの意見交換、それって・・・

なんだかすごく楽しそう(笑)

見つけた食材や料理について、あれこれ言い合いたい!
週に一度は料理をしよう!
そんな風に考えるようになりました。

今まで食べる専門だった僕ですが、作ることは決して嫌いじゃないのです。
高校を卒業してから結婚するまでは一人暮らしでした。
自炊することもしばしば。
それが今では我が家の食材や調味料の場所探しから始めなくてはなりません。
なんとも情けない・・・
妻も喜んで賛成してくれたし、週末あたりにトライかな。

誰かのためにできること。
身近に一つありました (^ー^ゞ
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-15 23:05 | 暮らし

さぶっ

今日の京都は日中でも18℃でした。
気温差が激しいですね。
明日は神奈川に帰りますが、このまま寒くなってしまうのでしょうかね。
夜寒くなると空気の匂いが変わって、なんだか気持ちも切なくなります(´。`
秋は好きな季節です。
そろそろビールより日本酒かな(笑)

京都にはしばらく来る予定が無いので、また善右衛門さんの処へ行ってきました^^
もうただただ美味しくて顔は緩みっ放しです(笑)
今日はたくさん話が出来たので、大満足でした。
興味深かったのは酵母のお話。
林檎酵母の発酵を進め、酢酸菌が酵母菌を上回る直前に醤油と混ぜる。
そうすると風味の効いたコクのある調味料になるそうです。
とっても美味しそうだ(´ー`
でも陰性が強いのでこれからの季節にはやや不向きですね。
善右衛門さんも夏向きだと仰ってました。
来年の夏はこれでそうめんを食べよう(笑)

我が家でも酵母を作ります。
苺酵母で作ったパンが好きです^^
林檎酵母も作るけど、次回は調味料に変身させよう。
まだまだ先になりますが、8月に仕込んだ味噌も楽しみ。
家庭菜園にもチャレンジしたいのですが・・・
庭は雑草天国です(^^;
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-13 23:07 | 暮らし

出張延長

出張が1日延びました。
13日の帰還予定が14日に。

9日から京都へ来て今日で4日目となりますが、やはり困ってしまうのは食事。
オーガニックなものを摂り続けることは実質不可能。
それどころかコンビニしか店が無かったりします。
この飽食な現代社会において、食べたいものが食べられないなんて ^ー^;

随分と研ぎ澄まされた身体は、調味料(アミノ酸等)←いわゆる「○の素」や
pH調整剤、発色剤(亜硝酸Na)等々・・・
これらを通常の食事レベルで摂取してしまうと排出(排毒)反応が顕著に出ます。
まぁぶっ倒れる訳ではないので、生活に支障をきたすことはありませんが。
あからさまに肌にきますね(笑)

「良い素材使ってます!」みたいなメニュー、最近増えましたね。
でも、化学薬品に包まれちゃってるし・・・
折角大切に育てた素材がかわいそうだ。

コンビニでマクロビ御飯が食べられたらいいのにな。
とか考えてたけど、
最近ふと自分のこの考えに違和感を感じました。
それは、自分が「食べる」専門で「作らない」こと。
無いなら作ればいいじゃん。
単純なコトです ^^

このことについては、また後日書こう。
出張中の仕事の話になりませんでしたが、気にしない方向で。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-12 23:10 | 暮らし

京都へ来ると

必ず行くお店があります。

『善右衛門的。カフェ』

京料理とマクロビオティックを融合させた「京まくろび」が堪能できます。

マクロビオティックでは、肉・卵・乳製品・白砂糖を基本的に摂りませんが、
我慢はしません。
それらが無くても十分に美味しく楽しいので、自然と欲しくなくなります。
無理する必要なんか全くなくて、少しずつ生活に取り入れるだけで心と体が変わります。
食事は選べるもの。
強制されるものではありませんからね。
食べたいものを食べればいいと思います。
マクロビオティックを続けると、食べたいものが変わってくるのです。

出張中は食べたいものを選び難いので、善右衛門さんのごはんには癒されます^^
三条京阪駅から近いので、京都へ行かれる方にはおすすめです!
まずは「本豆餅」を取り寄せてみてもいいかも。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-11 23:11 | 暮らし

なんとなく

思いつくことを書いてみよう。

生活にマクロビオティックを取り入れて一年経ちます。
普段の食事は穀菜食ですが、たまに鰻を食べます。
単純に好きだから^^
しかし、先日入ったお店はなんだか高級感が・・・
入口にはメニューも値段も無いんです(笑)
時間の都合と他に店が見当たらなかった事、そして旅先だという気分から
そこへ入ることにしました。

座敷へ入ると奥の方に60歳代↑と思われる3人組が、豪勢に卓を囲み、
宴を繰り広げておりました。
そこへ聞こえてきた会話の内容は、子が親を殺害する事件が相次ぐこと
への意見でした。
若者の犯罪が多いのはゲームのやり過ぎが原因であるとのこと。
すこし再現・・・

男A:「俺達がこどもの頃は川で魚捕ってりゃ楽しかったよな」
女C:「自然の中で遊んでたねぇ」
男B:「でも今は川が汚れて入り難いし魚も少ないよ」
男A:「汚くても川とかで遊んでりゃいいんだよ」

う~ん・・・納得いかねぇっす・・・
自然の中で遊ぶ事は賛成です。
私もそうやって育ちました。
しかし、現代のこども達が自然で遊べない理由。

それは「あんたたちにだって責任がある><」と言いたい。
戦後の日本を復興するために働いてきた事は認めます。
その稼いだお金で豪勢な宴は開かれているのでしょう。
でもその代償を考えた事があるでしょうか。
産業復興の名のもとに海・山・川を汚しまくった結果、自然な農産物・海産物は激減。
そのため海産物は異常に養殖され、農産物は農薬まみれ。
それらをごまかすように化学の力で作られた食品。
汚染された海・山・川・・・
そんな環境の中、遊べる自然がありますか?
まともな食事を摂らずに穏やかな心が育ちますか?

現代のこども達には自然を取り戻す役割があると思います。
私達大人には、彼らをサポートする義務があると思います。
少年犯罪の責任は親の責任に他ならないのに。
自分の事は棚に上げて世の中のせいにするだけなんて、納得いかないのです。

他人のせいにしちゃだめです。
人は皆、繋がっています。皆、大切な人です。
これからもそのことを意識して生きたい。

私に出来る事の一つとして食事があります。
自然に育てられたもの、或いは自然に近い状態で育てられたもの。
それらを意識した方々が育てたもの。
そういうものをなるべく摂るようにしています。

現代の環境の中で自然な農作物を育てる苦労は、私の想像を絶することでしょう。
彼らは金儲けをしていません。
金を得るためだけに作物を育てているのではないからです。
大切に育てたものを、ありがたく、おいしく、みんなのために。
そういった心意気を感じます。

みんなの健康に貢献できる仕事を見つけるために試行錯誤しています。

ちなみに鰻は、我が地元にある「大観亭」が日本一です。
津駅西口出て目の前にあります。ちと宣伝(^ρ^)
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-10 23:13 | 暮らし

自己紹介

食育に興味津々だが、日本の食育の担い手である農林水産省はどうして
米国農務省に倣うのだろう。
過剰な資本主義に侵された現代の日本の食事そのものが食糧危機である。

農業衰退を危惧するだけでなく、日本食文化を取り戻せ 日本政府><
農協に任せ過ぎなのか、国が農協を利用しているのか。
このままじゃいかんよなぁ(-公-)と思いつつ、マクロビオティックを勉強中。

宇宙や遺伝子といった「リアル」なのに答えが出ないことをぼぅっと考えることも好き。

世の中に存在する全てのものを、ちっちゃくちっちゃくちっちゃ~くなるまで分解すると、
あるものを中心にその周りをクルクルと何かが回っている。
それらがいっぱい集まった太陽系だって太陽を中心にクルクル回ってる。
宇宙って面白い^^

生き物を構成する要素のタンパク質。
このタンパク質を分解したりする酵素。
タンパク質を創るためには酵素が必要だけど、酵素を創るためにはタンパク質が必要。
???
タンパク質と酵素、先に生まれたのはどっちなのって思いませんか?
こういう体内の反応は全て遺伝子に書かれているなんて、これもやっぱり面白い^^
遺伝子のコトが分かってきた現代ですが、全役割を解明するのは少し怖い気がします。

てなことを考えちゃったりもしますが、
初めて見る連続ドラマの最終回で泣いてみたり、
それでいてお笑いが大好きだったり、
でも見たことあるドラマの再放送なのにやっぱり泣いたりしてます(-。-;
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-09 00:15 | 暮らし