ほとんどコラム

わたのこだわり
by intimacy-wata
カテゴリ
全体

お出かけ
学ぶ
暮らし
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
バルーンスカート
from バルーンスカート特集
em wuoleh
from eatuqojj iatak
buy acyclovir
from acyclovir
uipicey if
from ixiyid teekuku
hriuxasi upis
from peekux xvae
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:食( 10 )


ランチ

今日は出張でセミナー受講のため、浜川崎へ行きました。
会社での昼食にはいつも弁当を持参しているのですが、
今日はマクロビご飯が食べられるレストランの調査をすることにしました。

場所は横浜駅周辺。
横浜でマクロビご飯と言えば・・・
・・・
ルミネにあるチャヤしか知りません。
横浜ってもっとありそうなのに無いんですよねぇ。日本七不思議のひとつですよねぇ。

それで、探してみたのですが、自然食レストランはいくつかありました。
その中で「マクロビオティック対応メニュー」を掲げるレストランを発見。

ナチュラルイタリアンnish(ニッシュ) 横浜ジョイナス店』

いくつかのマクロビメニューがあるという情報を元に行ったのですが、
「玄米リゾットプレート(¥980)」しかありませんでした。
マクロビご飯を食べるために来たので、とりあえずこれを注文。

数分後・・・

「こちらランチにセットのサラダになりま~す♪」

と言ってまず出てきたのがコレ。
d0103159_23112487.jpg

油がたっぷり掛かった生野菜もっさり。ご丁寧にベーコンチップまで掛かってます。
隣ではスライスしたバケットにポテトが乗っかってます。
・・・(;´△`) アー
このサラダ、マクロビご飯メニュー以外のランチにもセットで付くみたいです。
食べたら首の周りが少し痒くなりました。
いきなりマクロビとか関係無くなってます(笑)
そして、

「ドリンクバーはあちらの壁の向こうにありま~す♪」

とのことです。
有機コーヒーというのがあったので、それにしました。
d0103159_23351164.jpg

他には、ジュース・紅茶・コーヒー(いずれもオーガニックではない)

さらに数分後・・・

「玄米リゾットです~♪」

と言ってメイン登場。
d0103159_23235130.jpg

玄米・豆腐・春菊のリゾットです。

味噌ベース・・・というかなんというか・・・

味のコメントは控えようかと思ったのですが・・・

・・・すいません言わせてください><

『 豆腐の味噌汁に玄米と春菊入れてみました(^o^ヾ 』
『 味噌汁には出汁入れてませーん(^o^ヾ 』
『 イタリアンっぽいかなぁって思って、オリーブオイルも入れてみました(^o^b 』

まぁそんな感じです。素材には気を使っているらしいのですが、
マクロビオティックではないと思います。リアルフードというのでしょうかね。

う~ん・・・

マクロビオティックでは肉や砂糖を否定しません。
病気であれば別でしょうが、病気でなくとも、身体に合わせて必要なものを選ぶと、
ほとんどの場合、それらが必要ないというだけです。
味も栄養も他で十分満足できますからね。

具合が良ければ、たまには「肉・砂糖・油」を摂ることもあります。
ではなぜ、これほどまでに批判めいた表現になったのかと言うと、
メニューにはっきり『マクロビオティック』と書いてあったからです。

期待し過ぎたことがいけないのか。

マクロビオティックの標準に対する意識の違いなのか。

こういうものと割り切るか。

考えさせられるランチのひとときでした。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-12-19 23:58 |

シメジとピーマンの炒め煮

今日は大豆タンパクの細切りタイプを使った料理を作りました。
青椒肉絲(チンジャオロースー)の肉みたいなものなので、それっぽくしてみました。

湯で戻した大豆タンパクを搾ってから、160℃の油できつね色になるまで揚げます。

炒めたシメジとピーマンに揚げた大豆タンパクを混ぜます。

酒:150cc、醤油:大さじ1.5、甜菜糖:小さじ1を入れ、水分が無くなるまで煮詰めます。

以上。かんたーん(^ー^)
ちょっと味が濃くなってしまったので、次は醤油を控え目にしよう。

d0103159_2041120.jpg
 
d0103159_2043311.jpg


【今日の晩御飯】
・玄米
・シメジとピーマンの炒め煮
・きんぴらごぼう
・切干大根(柿酵母醤油漬)
・味噌汁(玉葱・豆腐・あおさ・長葱)
・ぬか漬(人参・大根)
[PR]

by intimacy-wata | 2006-11-05 20:02 |

栗入餅と本豆餅

大好きな「京まくろび」のお店「善右衛門的。カフェ」から『錦秋』が本日届きました。

   錦秋(きんしゅう)
     紅葉が錦の織物のように美しい秋

素敵なネーミングですね。

d0103159_20185028.jpg
d0103159_2019177.jpg


中身は「栗入餅(6個)と本豆餅(6個)のセット」です(写真は栗入餅)。

普段は本豆餅だけの販売ですが、無農薬の国産栗が手に入ったとのことから限定で
販売され、あっという間に完売となりました。

栗入餅と本豆餅の違いは「豆と栗」ですが、勿論どちらも美味しい!
栗は小粒ながらも存在感があり、いつも食べる本豆餅とはまた違った喜びを感じました。
感謝です。

本豆餅は、有機羽二重餅米と十勝の有機小豆で作られています。
甘味は北海道産無精製甜菜糖です。残留農薬は一切検知されません。
安心で優しくて美味しいこの「本豆餅」は善右衛門さんのHPからお取寄せが可能です。
是非食べてみて下さい(^ー^)

最近は京都方面への出張が無かったので、久しぶりに味わえてとても嬉しかったです。
そして旨かった(´ρ`)
残りもじっくりと味わおう。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-10-29 20:17 |

印度の味

カレーが食べたくなったので、簡単に美味しいカレーを作りました。

「炒めた具にカレーペーストと水を投入して煮込む」だけという、
とてつもなく簡単なカレーなのですが・・・

モーレツに旨いです(笑)

秘密兵器の名前は【印度の味:マスコットフーズ株式会社】

100%植物性の本格的インドスタイルのカレーペーストです。

鍋で「ニンニク・玉葱・人参・しめじ」を炒める。
カレーペースト入れて、その瓶2杯分の水を入れる。
「カボチャ」を入れて弱火でコトコト煮込む。
火を止める直前に「炊いたひよこ豆」を入れて混ぜる。
ガラムマサラを本能の赴くままに入れる。
かんた~ん(^ー^)

d0103159_20241839.jpg
d0103159_20244046.jpg


コールスローも一緒に作りました。
「キャベツ・人参・林檎」を千切りにして、
「亜麻仁油・レモン汁・クレイジーソルト」で味付け。
この亜麻仁油ですが、醤油と一緒に御飯にかけると・・・
卵かけ御飯の味がします(笑)
お試しあれ(-ω-)

カレーって簡単で美味しくて失敗しにくいところが好きです。
本格的にスパイス調合とかも面白そうですけどね。


おやつに「きなこケーキ」を作ってもらったのですが、
きなこスポンジに挟まれたさつま芋ペーストと柿が絶妙。
さつま芋と柿がこれほど合うとは知りませんでした。
次回は是非ロールケーキに!
[PR]

by intimacy-wata | 2006-10-22 20:23 |

焼餃子

今日は『高キビの焼餃子』を作りました。
そして明日15日は外出予定だということもあり、一日早く赤飯を食べました。
我家では、玄米は軟らかめに炊きます。
子どもが食べ易いかなと思うのですが、どうなんでしょ。

餃子ですが、「具」の方は、
・すりおろした蓮根100g
・炊いた高キビ20cc
・みじん切り食材 (キャベツ4枚・人参40g・玉葱1/2・椎茸1枚・生姜10g)
を混ぜて出来上がり。
後は皮で包んで焼くだけです。
今回僕自身では初めて「皮」から作りました。
「小麦粉200g・水90cc・塩2g」を混ぜて30分寝かせる。
とまぁそれだけで24枚の皮が出来ます。
やってみて思ったのは、皮作りって地味に楽しい(笑)

d0103159_23353779.jpg


自宅で餃子を作るとたくさん食べてしまいます。
今日も10個以上食べました・・・食べ過ぎです(´ρ`;
でも美味しかった!

明日は柏にあるリマの教室で森大歓先生の創作蕎麦料理を堪能させてくれるので
行ってきます^^
[PR]

by intimacy-wata | 2006-10-14 23:33 |

テンプラ

今日は、天ぷらにチャレンジ。
僕の中ではなんだか難しそうなイメージでしたが、まぁなんとかなるものですね。
ひとつ言えることは・・・「半袖で作るな」ということでしょうか。
水分を多く含むものを高温の油に投入するときはかなり熱かった^^;
で、そのメインディッシュ達です。

ズッキーニ
かぼちゃ
レンコン
d0103159_23422587.jpg


さつまいも
もずく
d0103159_23425323.jpg


このさつまいもは「坂出金時」と言って、すごく甘くてスイートポテトみたいです。
スイーツにも使ってみたいな。

明日は南青山にある『我や』でマクロビ井戸端会議があります。
さっきまで名刺を新調してました。
楽しみだなぁ・・・って早く寝なきゃ(笑)
[PR]

by intimacy-wata | 2006-10-07 23:41 |

小豆ご飯の日

毎月1日と15日は小豆ご飯の日ということで、小豆料理にしました。

昼は「おはぎ」を食べました。
自分でも作ってみようと思っていたら、すでに嫁が作っていました(笑)
『仙太郎』の「おはぎ」が猛烈に美味かったので、ちょっとそれっぽくなるかなと考え、
玄米もち米に「ゆかり」を投入。
ゆかり無しバージョンと比べてみましたが、ゆかり有りの方が美味しかった(^ー^b

昼に食べたおはぎの小豆が余ったことから、夜は「小豆カボチャ」を作りました。
初めて小豆カボチャを食べた時、なぜか甘いものだと思い込んでいて、
「あんこっぽいのに甘くない><」
と、なんだか勝手にがっかりしてました(笑)
でも西洋カボチャを使うと、甘くてホクホクしているのでお菓子みたいです。
甘味が少なく、煮物に向いた日本カボチャは現在10%も流通していません。
今では市場に出回っているカボチャの90%が西洋カボチャですが、今度作るときは
日本カボチャを使ってみようかな。

d0103159_2347146.jpg


また、久しぶりに秋刀魚を食べました。
塩焼きにした旬の秋刀魚に醤油をかけ、ゆず果汁と大根おろしでいただきました。

d0103159_23481194.jpg


旬のものは、安くて美味しくて楽しいです(´▽`)


【お赤飯に秘められた知恵】
~食文化史研究家 永山久夫~

昔は、お祭りの日に行う「神迎え」のことを、よく「小豆迎え」といったものです。
小豆の「赤」は、血液の色、誕生の色、そして生命の色でもあり、それを神さまと
一緒に摂ることによって生きる力も強くなる、と信じられていたのです。

日本には古くから、旧暦の1日と15日に小豆ご飯を食べる習慣がありました。
月初めの1日は新月で真っ暗闇ですが、月が少しずつふくらむ、そのスタートの日。
15日は、完全に丸くなった満月を祝って、お赤飯を炊いたのです。

小豆には、疲労回復や肩こり、筋肉痛などの予防、また脳の老化防止にも役立つ
ビタミンB1が100g中0.45mgも含まれています。
月の満ち欠けを目安に月に2回小豆ご飯を食べる、という習慣を伝えてきたのは、
仕事の能率を高めて、かつ疲れを残さないための、稲作をなりわいとしてきた日本人
の知恵なのです。

ビタミンB1が不足するとイライラしたり怒りっぽくなるのは、脳のエネルギー源である
糖質(日本人の場合、主として米から摂取)がうまく代謝できず、不完全燃焼を起こす
からにほかなりません。

小豆の赤い色は生命のシンボルといってもいいほど、小豆には生命を守る成分が豊富
に含まれています。
利尿効果のあるサポニンや、細胞の分裂や新生に欠かせない亜鉛。
さらにアントシアニンという抗酸化成分の赤い色素そのものが、私たちの体を構成する
細胞を酸化から守っているのです。
つまり、小豆は日本人の長寿食でもあるのです。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-10-01 23:45 |

スイーツ

今日はご飯っぽいおやつを作りました。

カノウユミコさんの「菜菜スイーツ」から『キャベツとりんごのお好み焼き』を選択。

お好み焼きにスイートマスタードソースをかけていただきます。
 具:キャベツ・りんご・くるみ・レーズン
 ソース:マスタード・メープル・油・酢

焼き上がりの見た目が悪く、納得は行きませんが、食べてみると美味しく出来てました。
甘辛いソースが格別に引き立ててくれます。

<Good Job Point>
スイートマスタードソースは絶品。
他の料理への応用も利くし、便利な新発見。
嫁が味噌を追加して夕飯に利用してくれました。

<Bad Job Point>
キャベツの千切りを太くしたことにより、生地との混ざりが悪く、焼き難くなってしまった。
お好み焼きにとって、千切りは命でした^^;
それと火加減の調整は弱火から。
焦げたら元には戻せませんからね。

しかし、スイーツは奥が深そうです。
ご飯作りよりもハマリそう・・・
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-27 23:51 |

茄子と高キビの味噌炒め

日曜日は週に一度の「晩御飯Day」です。
この日は野菜の切り方をいくつか教わりました。
小口切・微塵切・銀杏切・半月切といったような一般的なものですが、こういう基礎って、
本のレシピとかにサラッっと書いてありますよね。
なので知っておくと助かります^^;

食材・調理器具・食器の場所を思い出しながら右往左往・・・
早く無駄な動きを無くし効率を上げたいものです。

そんなこんなでなんとか仕上がりました。

d0103159_23541471.jpg


前回はカボチャを入れそびれたので、今回は忘れずに「カボチャ玄米」を炊きました。
おかずのメインは「茄子と高キビの味噌炒め」です。
味噌の旨みと高キビのとろみが効いて、辛くないマーボー茄子といった感じ。
ジューシーで美味しかったです。
小鉢(小松菜のお浸し梅胡麻和え、切干大根)と味噌汁(じゃがいも・キャベツ・わかめ)
は嫁に手伝ってもらいました。

この日も無事に晩御飯にありつけましたが、
なんだか「食器洗い乾燥機」が欲しい今日この頃でございます。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-26 23:52 |

今日の晩御飯

チャレンジしてみました^^;
メニューは
 玄米
 納豆
 野菜の味噌煮
 豆腐とわかめと玉葱の味噌汁
 いんげんの胡麻和え
 胡瓜と人参の糠漬
といったところです。

d0103159_23592442.jpg


野菜の味噌煮には次のものが入りました。
昆布・蒟蒻・しめじ・キャベツ・大根・里芋・人参・ごぼう・油揚げ・味噌・醤油
簡単な重ね煮にしました。

今回の目的は、主に二つありました。
一つは調理器具や調味料の場所を把握すること。
そしてもう一つは、食材の重さを把握すること。

レシピには「里芋 3個、キャベツ 2枚」のような書き方をする場合もありますが、
「人参 60g」のように書かれる場合が多くあります。
大きさにばらつきがあることを考えると、数字の方が良いと思いますが、
「何本買ったらええねん」となるわけです。
今回使った食材の重さを把握することで、そこら辺が少しスッキリました。

ちなみに味の方は、若干濃かったように思いますが、美味しく頂けました。
妻は喜んでくれましたが、少食の息子は相変わらず。
さんざん捏ねくり回してほとんど食べないくせに「桃食べるぅ~」とか言ってます。
桃食えるなら飯食えよ (#`Д´ノ
次はもっと食べてもらえるように努力します。

とりあえず、料理は楽しくて美味しかったので、大成功ということにしておこう(^-^)
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-18 23:58 |