ほとんどコラム

わたのこだわり
by intimacy-wata
カテゴリ
全体

お出かけ
学ぶ
暮らし
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
バルーンスカート
from バルーンスカート特集
em wuoleh
from eatuqojj iatak
buy acyclovir
from acyclovir
uipicey if
from ixiyid teekuku
hriuxasi upis
from peekux xvae
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

Celebrate my son's birthday

1月20日は息子の楓(かえで)が生まれた日。
3歳になりました。
朝から雪がちらつくほどの寒い日。
「初雪だなぁ」と窓の外の雪を感慨深げに眺めながら、
難産で生まれてきた3年前のことを思い出しました。

「自然分娩がいいね」と助産院に通うこと10ヶ月。
陣痛の間隔が狭まりつつも生まれてくる気配はありませんでした。
心音を確かめていると、陣痛の度に弱まることが分かりました。
次第に危険な状態は高まり、遂に助産院では手に負えなくなりました。
急遽TAXIが呼ばれ、近くの病院まで移動。
病院に着くと、細かい手続きよりも前に慌しく分娩室へ。
助産院では出産に立ち会う予定でいたのに、そこの病院では、
「当院の講習を受けていないと、ご主人は立ち会えません」とのこと。
仕方がなく入院する個室で一人待機。
ただ待つ事以外何も出来ない自分に歯痒く、落ち着きませんでした。

どれほど待機していたのか覚えていませんが、
ようやく看護師さんに呼ばれ、息子だけ少し顔を見ることができました。
後で聞いたところ、臍の緒が首に2回巻き付いていたそうです。
陣痛の度に心音が弱まっていたのは、その度に首が絞められていたからだそうです。
生まれる数週間前、逆子状態になった際、向きは助産院で直してもらったのですが、
そのとき首に巻きついた臍の緒が二重になってしまったらしいです・・・。

何はともあれ、
吸引機でラグビーボールの様に伸ばされた頭蓋骨もすっかりきれいになった息子。
死んでいてもおかしくない状況で生まれてきてくれた息子に感謝します。
もちろん、人に腹を踏まれながらも生んでくれた嫁に感謝しています。
これからもみんなで楽しい日々が続くといいね。
そんな想いを込め、息子の誕生日を祝してケーキを焼きました。

<a macrobiotic strawberry cake>
d0103159_0252371.jpg
d0103159_0253634.jpg

[PR]

# by intimacy-wata | 2007-01-20 00:24 | 暮らし

ミキテイ

ナチュラルハーモニーで購入した、あの奇跡の果実「木村さんの林檎」を受け取る為、
横浜市青葉区にある『あざみ野 三規庭』に行ってきました。
× : ミキティ ・・・ 藤本美貴、安藤美姫
○ : ミキテイ ・・・ 三規庭(shopping mall)

2006年9月、「PLANT'S」が隣駅の江田から移転しました。
ここには野菜を始め、欲しい物がたくさん売られており、つい買い込んでしまいます。
自然栽培のササニシキ(玄米)は、値段も見ないで即、買い物カゴ行きでしたが、
後で調べてみると、いつも食べている米の値段の約2倍でした。

林檎の受け取りと買い物を済ませてから、昼に「へぎ蕎麦」を食べました。
コシのあるすっきりとした美味しい蕎麦でした。
そして、その後おやつまでという満喫っぷり。

カフェのお店「ZOKA」では、地元スイーツのお店「ベルグの4月」とコラボレーション
がされており、甜菜糖を使用した季節限定の「黒豆きな粉ラテ」とマクロビオティック
対応である「豆乳のブランマンジェ」を選びました。
d0103159_23502034.jpg

黒豆きな粉ラテは、ミルクと豆乳のハーモニーが絶妙♪とのことでしたが、強引に
オール豆乳で作らせてしまいました。でもとても美味しかったです。
d0103159_23504838.jpg

豆乳のブランマンジェは、こだわり豆腐屋の豆乳が使用されていて、トッピングには
黒米が盛られています。爽やかにさっぱりとした味わいでした。

帰宅後、大掃除と称し、働き者の妻に玄関廻りの掃除を任せ、その間に車内清掃。
和室の障子を貼り換えるために剥がし終えたところで、続きは明日ということに。
掃除となると腰の重い我家です(-。-;

夕食後は、お楽しみの木村さんの林檎。
d0103159_01552.jpg

d0103159_021825.jpg

美味ぃ~!
みずみずしい自然な甘さが口中いっぱいに広がることは言うまでもありませんが、
なんて言うか、もうとにかく「林檎」なんです(笑)
林檎の皮・実・芯とかそういう区分けが無いくらい、たった一つの果実そのもの。
マンガみたいに丸ごとぱくっといけそうなんです。
今回は芯を食べませんでしたが、食べる方もいらっしゃるようです。
来月3歳になる息子も違和感なく皮までペロリ。いつも皮は食べないのに。

夢は、この林檎を丸ごと一個使った酵母作り(^-^)
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-30 22:21 | お出かけ

クリスマスケーキ

クリスマスケーキを作ったのは初めてだと思います。
といっても、デコレーションばっちりなものではなく、チョコケーキですけど。
卵・砂糖・乳製品は使いませんが、メープル・油・ココアをリッチに使ったところは、
クリスマス仕様という感じでしょう。
レシピは中島デコさんの「パンとおやつ」から、キャロブケーキを参考にしました。
本体とクリームでキャロブを使うところは、キャロブとココアを1:1の割合にしました。
本体の豆腐はジョニー、クリームの豆腐は豆乳としました。
そして、調合を僕が担当し、焼き担当+監督は嫁、アシスタントには2歳の息子を起用。
無事に仕上がりました^ー^
d0103159_034894.jpg

以前に作った「ぬかチョコナッツバー」もそうですが、混ぜて焼くだけで美味しいレシピ、
デコさんってスゴイね><今回も簡単に美味しく出来て満足!
表面はこんがりサクっと焼き上がり、中はしっとりとまとまって崩れにくく食べやすい。
焼き加減を嫁に任せたのが良かったのか、配合がナイスだったのか(笑)

夕飯はちょっとリッチに松坂牛のステーキ。
普段はマクロな標準食を基本としている我家ですが、この時期は肉を食べます。
というのも僕の田舎は三重県なので、年に1~2回実家から松坂牛のギフトが届きます。
実家は酪農家ではありませんが、名産品ということで定期的に送ってくれるのです。
このギフトは、ステーキ用とすき焼き用がセットになっているのですが、以前と違って、
今では一度にたくさん食べられなくなったので、消費に時間が掛かりそうです。
しかし心を込めて育てられた大切な命を分けてもらうのですから、有難く頂きます。
両親にも感謝です。
年に一度しか帰れていないけど、いつもありがとう。

昼寝をしなかった息子はケーキを食べる前に寝てしまったので、
感想は後日・・・ということに。
18cmのホールを8等分した一切れが一食分なので、二人or三人で食べるとなると、
連日食べてしまいますね。でもちょっと楽しみだったり^^;
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-24 23:30 | 暮らし

さんるーむ

今日は部署の忘年会。会場は川崎。

朝から雨が降りそうな天気でしたが、傘を持たずに家を出てしまいました。
普段使っている折畳み傘が壊れかけていることと、宴会まで時間があったことから、
川崎の駅ビルか地下街で探そうとしていたところ、ふと気付きました。

「そうだ、この間行こうと思った店を覗いてみよう。」

先日、セミナー受講の前に横浜でランチを食べましたが、
そのとき川崎のレストランも候補に挙げていたのです。
だから、これはチャンスと思い、お店の前まで行くことにしました。

3年前まで川崎駅付近に5年間住んでいたので土地勘はあるのですが、
目的の店がどのビルであるかを思い出せませんでした。
先日調べた内容の記憶は曖昧ながらも無事に辿り着くことができましたが、
結局、駅ビル(川崎BE)の7Fにありました^^;

店の前でメニュー調査を開始して1分・・・

暖簾をくぐっていました(笑)

宴会前に食事ってどうなの?
でも宴会で腹は膨れないし、いっかぁ。ってな感じです。
自分でもこんなことするなんて驚きですが、まぁ気にしない方向で・・・

さんるーむ

このレストランの親会社「日本レストランシステム株式会社」は、
「自然食品の店 F&F」も経営していますが、川崎に住んでいる頃はよく行ってました。
当時はマクロビオティックという言葉を聞いたことすらありませんでしたが、
いま振り返るとこの頃から自然食品に関心があったのだなぁと思い出しました。

前置きが長くなりましたが、結論から言うと、この「さんるーむ」は当たりです。
マクロビオティック対応ではありませんが、安心して食べられます。
米は無農薬米ですし、野菜は無農薬/減農薬のものを各地から取り寄せています。
卵や肉も育て方から気を使われているようです。
また、「乳・卵・小麦」を使用しているものはメニューに書いてあります。
今回、僕が注文したメニューは「菜食定食 : ¥1,080(税別)」です。
【詳細】
・里芋と粟生麩の煮物
・小松菜と湯葉のおひたし
・ひじきとキャベツとブロッコリースプラウトのサラダ
・豆腐ハンバーグ
・発芽玄米入り麦めし
・野菜スープ
d0103159_1265413.jpg


食べた感想としては、ずばり美味しかったです!
僕の舌と身体による判断では、砂糖はおそらく使ってますね。
しかし化学調味料は不使用と思われます。
アレルギーに気をつければ、安心して食べられるのではないでしょうか。
店舗は全国的なので、お近くの「さんるーむ」へ行かれてみてはいかがでしょう。
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-21 23:39 | お出かけ

ランチ

今日は出張でセミナー受講のため、浜川崎へ行きました。
会社での昼食にはいつも弁当を持参しているのですが、
今日はマクロビご飯が食べられるレストランの調査をすることにしました。

場所は横浜駅周辺。
横浜でマクロビご飯と言えば・・・
・・・
ルミネにあるチャヤしか知りません。
横浜ってもっとありそうなのに無いんですよねぇ。日本七不思議のひとつですよねぇ。

それで、探してみたのですが、自然食レストランはいくつかありました。
その中で「マクロビオティック対応メニュー」を掲げるレストランを発見。

ナチュラルイタリアンnish(ニッシュ) 横浜ジョイナス店』

いくつかのマクロビメニューがあるという情報を元に行ったのですが、
「玄米リゾットプレート(¥980)」しかありませんでした。
マクロビご飯を食べるために来たので、とりあえずこれを注文。

数分後・・・

「こちらランチにセットのサラダになりま~す♪」

と言ってまず出てきたのがコレ。
d0103159_23112487.jpg

油がたっぷり掛かった生野菜もっさり。ご丁寧にベーコンチップまで掛かってます。
隣ではスライスしたバケットにポテトが乗っかってます。
・・・(;´△`) アー
このサラダ、マクロビご飯メニュー以外のランチにもセットで付くみたいです。
食べたら首の周りが少し痒くなりました。
いきなりマクロビとか関係無くなってます(笑)
そして、

「ドリンクバーはあちらの壁の向こうにありま~す♪」

とのことです。
有機コーヒーというのがあったので、それにしました。
d0103159_23351164.jpg

他には、ジュース・紅茶・コーヒー(いずれもオーガニックではない)

さらに数分後・・・

「玄米リゾットです~♪」

と言ってメイン登場。
d0103159_23235130.jpg

玄米・豆腐・春菊のリゾットです。

味噌ベース・・・というかなんというか・・・

味のコメントは控えようかと思ったのですが・・・

・・・すいません言わせてください><

『 豆腐の味噌汁に玄米と春菊入れてみました(^o^ヾ 』
『 味噌汁には出汁入れてませーん(^o^ヾ 』
『 イタリアンっぽいかなぁって思って、オリーブオイルも入れてみました(^o^b 』

まぁそんな感じです。素材には気を使っているらしいのですが、
マクロビオティックではないと思います。リアルフードというのでしょうかね。

う~ん・・・

マクロビオティックでは肉や砂糖を否定しません。
病気であれば別でしょうが、病気でなくとも、身体に合わせて必要なものを選ぶと、
ほとんどの場合、それらが必要ないというだけです。
味も栄養も他で十分満足できますからね。

具合が良ければ、たまには「肉・砂糖・油」を摂ることもあります。
ではなぜ、これほどまでに批判めいた表現になったのかと言うと、
メニューにはっきり『マクロビオティック』と書いてあったからです。

期待し過ぎたことがいけないのか。

マクロビオティックの標準に対する意識の違いなのか。

こういうものと割り切るか。

考えさせられるランチのひとときでした。
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-19 23:58 |

第5回 米喰う会

『第5回 米喰う会』 に参加するため、青山にある上田米穀店へ行ってきました。
食べ終わる頃には、いつもお腹がポンポコリンではちきれんばかりになるので、
今回は少し抑え気味にいただきました。
あまりにご飯が旨いので、ついつい食べ過ぎてしまいますが、一時間半の満員
電車で無理は禁物です(笑)
5回目にしてようやく気付きました(遅)

さっそくメニューの紹介。

・大蔵大根とおあげとぜんまいの炊いたん
・切干大根の炊いたん
・寒ぶりの柚香り焼き
d0103159_16513667.jpg


・水菜とおあげの炊いたん
d0103159_16541982.jpg


・ちりめん山椒
・北海道で見つけてきたおかず味噌
・大根のぬか漬け
・レディース大根のぬか漬け
・ゆりねのぬか漬け
・天豆のぬか漬け
・金柑のぬか漬け
・みかんのぬか漬け(とっても芳醇)
d0103159_16565618.jpg


・自家製すくい豆腐(ジ○ニーみたいに濃厚でとろ~り)
d0103159_16572123.jpg


・吹雪椀(豆腐と葛の味噌汁)
d0103159_16582287.jpg


・40品種「いろいろ米」
・米のソムリエ仕立て
・古代赤飯(赤飯の起源の古代米「赤米」と「小豆」を使った赤飯)
・舞茸の炊き込みご飯
d0103159_176337.jpg


メインのご飯ですが、今回の注目はなんと言っても「40品種いろいろ米」です。
ひとつの田んぼで40種ものいろいろな原種に近いお米を蒔いて作ります。
前回(第4回米喰う会)、お土産に頂いた一握りの「40品種いろいろ米」ですっかり
虜になってしまったご飯が、なんと食べ放題>< しかも丼で><;
前回までは、ご飯には茶碗しか用意されていませんでした。
いろいろなご飯を食べたいので少しずつよそうのですが、ちょっとずつなので結局
何度もよそいに行くことになり、少し手間かなとは思っていました。
そして今回、ドンブリ登場です。待ってました!
でもですね・・・
丼でおかわりしちゃうので食べ過ぎます(笑)
僕は2杯で抑えましたが、3杯はいけそうです。

この他、写真はありませんが、
・桑原健太郎さんの魚沼こしひかり
・昭和の懐かしい味「ささにしき」
こちらを「白湯となめこ餡のたまごかけごはん」でいただきました。

今回は「ごはんのおとも」が充実していたように感じました。
もっとも玄米で食べるとおかずが減らないんですけどね^^;
今回もすべて美味しくいただきました!
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-16 23:33 | お出かけ

マクロビ井戸端会議@我や(青山店)

『マクロビ井戸端会議』に参加するため、青山の「我や」さんに行ってきました。
マクロビ・パパさんの創作メニューはいつもみんな美味しいのですが、今回の
料理は雰囲気が少し違いました。
いつも前菜は大皿から取り分けるように頂いていたと記憶しています。
しかし今回は、可愛らしいキュービックオードブル(ボルシチ・フリッタータ・
京芋ミルフィユ)が綺麗に並んでいました。
味はもちろん、ものっすごぉく美味しいことは言うまでもありません。
d0103159_2311628.jpg

その他にも、箸で一つずつ摘めるようなメニューが続きました。
蒸し野菜に付けるソースやレンズ豆のエンパナディージャに含まれるバジルが
いっそうの食欲をそそりますし、パパさんのコロッケは宇宙一なので、今回も
食べ過ぎ警報が発令しまくりました。
パーティメニューのようなこれらの料理はクリスマスが近い今の時期にぴったり。

さらに今回は、玄米にあの幻の「イセヒカリ」が登場しました。
d0103159_23241971.jpg

d0103159_2325366.jpg

古代米とブレンドしたものもあり、エネルギーがみなぎります。

写真は忘れましたが、蕪のホワイトシチューと大根餅の美味しさは忘れません。

そしてとどめはこれ。
d0103159_23313850.jpg

テンペのひよこです!甘くておいしかったぁ(´ー`)
今度これ作ってみよ(笑)

あっという間の3時間でした(ずるずると4時間近かったかも)。
とっても美味しく楽しかった。いつもこの感想でまとまっちゃいます。
帰る頃に息子は眠ってしまいましたが、たくさん遊べたかな。
今回は、お父さんは話すことに夢中であまり相手をしてあげられなくてごめんよ。
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-10 22:46 | お出かけ

井戸端会議+ポットラック @埼玉

今日は「男のマクロビカフェ」以来のお付き合いとなるスズヨシさん宅へ伺いました。
集まったのはスズヨシさんと僕の他に男性1名と女性1名、計4名のマクロビアン。
マクロビご飯とスイーツを各自持ち寄り、「井戸端+ポットラック @埼玉」となりました^^

d0103159_197322.jpg


ご飯のメニューは(表現が大雑把ですいませんが)、
 ・玄米
 ・味噌汁
 ・キノコローフ
 ・パエリア
 ・コールスローサラダ
 ・豆腐味噌漬
 ・三年番茶

スズヨシさんの玄米と味噌汁以外は、それぞれ思いつきで用意してきたにも関わらず、
味・食感・ボリュームのバランスが良くて驚きました(笑)
どれもこれも、みんなとっても美味しかったです。

3時のおやつは楽しみにしていたスズヨシさんの珈琲タイムです。
スズヨシさんの珈琲に対する情熱は半端じゃないです。
どこでも珈琲が淹れられる出張セットまでお持ちなのです!
今回淹れて頂いたグアテマラは、なんと今日最高に美味しくなるよう、お店と調整して
手配してくれました。
とても美味しくて、苦味や酸味はソフトで香が良く、冷めても変わらない美味しさでした。

d0103159_198583.jpg


おやつのメニューは(これまた適当な表現ですいませんが)、
 ・ビスコッティ
 ・きなこプルーンケーキ
 ・アーモンドココアクッキー
 ・スペシャル珈琲

おやつのバランスも絶妙でした(笑)
味・食感がきっちり3パターン。ご飯の時と同様、見事に食べ飽きることなく完食。

話も弾んでお腹もいっぱい、楽しい時間はあっという間でした。
今日の寒さは殺人的でしたが、外の寒さを忘れるくらい夢中になってました^^
是非是非、またみんなで集まりたいなぁと思いました。
今後ともよろしくお願いします!
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-12-09 23:05 | お出かけ

はじめてのマクロビオティック

OrganicBaseの一日講座を受講してきました。
テーマは『はじめてのマクロビオティック』。
講師は「河村誠 先生」です。

なぜいま改めて「はじめてのマクロビオティック」なのか。
それには二つの目的がありました。
一つは、
マクロビオティック初心者の方は、どうやってマクロビオティックと出会い、
そしてなぜ始めようと思ったのか、ということを知る為。
もう一つは、
初心者に教える際、どの程度の深さまで説明すると良いのか、また、
その時のリアクションはどうなのか、を知る為。
大きな目的は以上です。

僕自身は一年半以上マクロビオティックに触れてきましたが、ずっと独学であったため、
講座等へ参加するようになったのは割りと最近、しかも中級レベルの内容です。
つまり、基本を独学で過ごしてきた僕は、基本的なことを誰かに説明するということが
苦手なのです。
ノンベジ、ノンマクロの方とお話する機会があったとしても、どこまで詳しく説明すると
分かり易いのかが、よく分からなくなってしまうのです。
下手に知識があるために、つい深いところまで入り込んだ説明になりがちなのです。
噛み砕いたさわりの部分というものを掴みたかったわけです。

結果としては、収穫がありました。
幅広い意味で大変参考になりました。
受講してよかったです。

その他の受講目的としては、
 ・吉祥寺にある「OrganicBase」へ、とにかく一度行ってみたかった。
 ・玄米の炊き方の基礎をプロに教わりたかった。
 ・友人としての河村さんの仕事振りを覗きたかった(笑)。
といったところです。

それにしても、
普段の自分を知る人に講義を受講されるというのは・・・やり難いでしょうねぇ。
分かっていながら申し込んじゃいました。河村先生すいませんでした^^;
でも、立派でしたよ!
自分の進むべき道をしっかりと捉えている感じが伝わってきました。
これからも応援させて頂きます!
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-11-25 23:10 | 学ぶ

望診法基礎講座

11月22日~23日、日本CI協会が主催する『望診法基礎講座』に参加してきました。
講師は山村慎一郎先生。場所は伊豆長岡にある「こだま荘」です。
参加者は19名(女性:16名、男性:3名)。
期待していた男性の数は予想通りといった感じですが、少なくて寂しいですねぇ。
しかし年齢差もあり、異業種である方達から、興味深い話を多く聞くことができました。

おひとりは、静岡県で料理教室をされている方。
お顔を拝見すると50歳を超えている男性とは思えないほど綺麗な肌をしていました。
教室では、マクロビご飯以外の和食や洋食のカリキュラムもあるそうですが、今では
100名を超える生徒さんのほとんどがマクロビご飯を習うようになったとのことです。
しかし、若い女性の中にはマクロビオティックの本質を理解されていない方もいることに
少し不安を感じているようでした。
その料理が持つ意味にも着目してほしいということだと思います。

もうひとりは、青森県で歯科を開業されている方。
15年以上、玄米食を続けていらっしゃるそうで、40代半ばとは思えない若々しさです。
診療所の待合室にマクロビオティックの本が置いてあるだけでなく、患者さんから質問
をされれば、マクロビオティックについてお話をされることもあるそうです。
いい歯医者さんだ(笑)
驚いたのですが、日本の歯科診療所の数は、コンビニの数とほぼ同じだそうです(^^;

マクロビオティックを生活に取り入れる男性の知人が増えていくことを嬉しく思います。
マクロビオティックを実践されている男性に共通することは、穏やかな人柄の方が多く、
話をすると、心の奥にある信念がしっかりと伝わってくる、という風に感じます。
自分がこうしたいというだけではなく、「自分は世の中をどうしたいのか」というところに
意識があると思います。
だからと言って実際には、だれもがすぐに世界を動かせることはないかもしれませんが、
そこまで意識した上で自分にできることを実践しているというところに意味があるのでは
ないかと思います。
『人が喜ぶと嬉しい』、その気持ちの強さが『優しさ』の強さであると僕は考えます。


講座の方は「1泊2日みっちりだ」と思っていましたが、本当にあっという間でした。
講義は先生の実体験を中心にした説明をされたので、分かり易くて説得力があり、
とても面白かったです。
自分の体の悪さ加減も知ることができましたし、夜は温泉にゆっくり入りました^^

山村先生にはずっとお会いしたいと思っていましたので、今回お話を伺うことが出来て
とても嬉しかったです。笑いが絶えない明るい方です。
人の生死に関わる以上、喜びだけでなく、多くの悲しみも経験されていることでしょう。
それでも明るく話して人を喜ばせるなんて、流石卓越した精神の持ち主は違います。
講義の合間はもっと直にお話を伺いたかったのですが、先生はたくさんの受講生から
質問攻めにあっていたので、あまり話せませんでした。
またどこかでお話しする機会があればいいなと思います^^

会場のこだま荘は静かで雰囲気も良く、温泉は露天もあって気持ち良かったです。
楽しみにしていた料理は、素材の良さを知っていることもあり、基本的には間違いなく
美味しいのですが、薄味であるにも関わらず素材の味があまり響いてきませんでした。
批判的な表現で申し訳ありません。あくまで僕の主観です。
おそらく、温泉宿特有の凝り過ぎだと感じました。
素材の味が混ざってぼやけていたような気がします。
もっとシンプルに食材を出しても良かったかなぁと思います。
食材は間違いなく美味しいはず!
でもまぁなんだかんだと言いましたが、家族でもう一度行ってみたいと思います^^


この講座は、2月に応用編があるのですが、日程の調整をつけて参加してみようかなぁ
と検討中です。
[PR]

# by intimacy-wata | 2006-11-24 23:23 | 学ぶ