ほとんどコラム

わたのこだわり
by intimacy-wata
カテゴリ
全体

お出かけ
学ぶ
暮らし
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
バルーンスカート
from バルーンスカート特集
em wuoleh
from eatuqojj iatak
buy acyclovir
from acyclovir
uipicey if
from ixiyid teekuku
hriuxasi upis
from peekux xvae
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

陰陽五行入門

Organic Base:奥津典子先生のセミナー『陰陽五行入門』を受講してきました。

普段の食事・生活において、陰と陽については少しずつ理解してきましたが、
五行についてはどうもしっくりときていませんでした。
そこでセミナーを受講することに決めたのです。

講義はとても面白くて、楽しみながら理解できました。
具体例も分かり易く、納得できました。

五行とは「木・火・土・金・水(もっかどごんすい)」の五元素から成っており、
各々異なるエネルギーを持ちます。

木(tree):急速にパァッと拡張するイメージ

火(fire):活発なイメージ

土(soil):次第に安定し落ち着いてくるイメージ

金(metal):濃密なギュッとしたイメージ

水(water):サラッっと流れ溶けて漂うイメージ

木→火→土・・・という風に繋がっています。

各々、次に続くエネルギーを助ける働きを持ちますが、強くなり過ぎると、一つ飛ばしに
続くエネルギーの流れを滞らせてしまいます(木→土→水→火→金→木・・・)。

例えば水のエネルギーは腎臓・副腎・膀胱・生殖器に対応していますが、
腎臓が具合悪いからといって強力な薬を服用した場合、
強くなり過ぎた水のエネルギーが火のエネルギーの流れをせき止めてしまいます。
火は心臓・小腸に対応していますから、やがて心臓の具合が悪くなったりします。
そこで心臓にばかり気を取られていると、
今度は強い火のエネルギーが金のエネルギーの流れを止めてしまうのです。
金は肺・大腸に対応しています。

薬の副作用の原理が分かりますね。
癌の転移も五行に関連性があると言われています。

例が長くなってしまいましたが、五行のエネルギーは、各臓器に対応しており、
そのエネルギーの流れが滞ると体に(特に顔に集中して)異変が生じます。

食べ物にも五行は当てはまり、食材は各要素に対応して分類されます。
対応したエネルギーをバランスよく摂ることで健康は保たれますが、具合が悪い時は、
弱ったエネルギーを補うように食事をすることで修正することができます。

陰と陽だけでは分かり難かった理屈が分かり易くなったと思います。
「陰は陽に転じ、陽は陰に転ずる」という言葉の意味も、五行の関連性のように、
エネルギーの連続性を理解することで明確になってきました。
上級になると、相手を見ただけで具合の悪いところが分かるようになります。
いわゆる「望診(ぼうしん)」というやつですね。
陰陽五行も奥が深いですが、ますます興味を持ちました。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-09-17 23:00 | 学ぶ
<< 今日の晩御飯 誰かのためにできること >>