ほとんどコラム

わたのこだわり
by intimacy-wata
カテゴリ
全体

お出かけ
学ぶ
暮らし
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
バルーンスカート
from バルーンスカート特集
em wuoleh
from eatuqojj iatak
buy acyclovir
from acyclovir
uipicey if
from ixiyid teekuku
hriuxasi upis
from peekux xvae
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小豆ご飯の日

毎月1日と15日は小豆ご飯の日ということで、小豆料理にしました。

昼は「おはぎ」を食べました。
自分でも作ってみようと思っていたら、すでに嫁が作っていました(笑)
『仙太郎』の「おはぎ」が猛烈に美味かったので、ちょっとそれっぽくなるかなと考え、
玄米もち米に「ゆかり」を投入。
ゆかり無しバージョンと比べてみましたが、ゆかり有りの方が美味しかった(^ー^b

昼に食べたおはぎの小豆が余ったことから、夜は「小豆カボチャ」を作りました。
初めて小豆カボチャを食べた時、なぜか甘いものだと思い込んでいて、
「あんこっぽいのに甘くない><」
と、なんだか勝手にがっかりしてました(笑)
でも西洋カボチャを使うと、甘くてホクホクしているのでお菓子みたいです。
甘味が少なく、煮物に向いた日本カボチャは現在10%も流通していません。
今では市場に出回っているカボチャの90%が西洋カボチャですが、今度作るときは
日本カボチャを使ってみようかな。

d0103159_2347146.jpg


また、久しぶりに秋刀魚を食べました。
塩焼きにした旬の秋刀魚に醤油をかけ、ゆず果汁と大根おろしでいただきました。

d0103159_23481194.jpg


旬のものは、安くて美味しくて楽しいです(´▽`)


【お赤飯に秘められた知恵】
~食文化史研究家 永山久夫~

昔は、お祭りの日に行う「神迎え」のことを、よく「小豆迎え」といったものです。
小豆の「赤」は、血液の色、誕生の色、そして生命の色でもあり、それを神さまと
一緒に摂ることによって生きる力も強くなる、と信じられていたのです。

日本には古くから、旧暦の1日と15日に小豆ご飯を食べる習慣がありました。
月初めの1日は新月で真っ暗闇ですが、月が少しずつふくらむ、そのスタートの日。
15日は、完全に丸くなった満月を祝って、お赤飯を炊いたのです。

小豆には、疲労回復や肩こり、筋肉痛などの予防、また脳の老化防止にも役立つ
ビタミンB1が100g中0.45mgも含まれています。
月の満ち欠けを目安に月に2回小豆ご飯を食べる、という習慣を伝えてきたのは、
仕事の能率を高めて、かつ疲れを残さないための、稲作をなりわいとしてきた日本人
の知恵なのです。

ビタミンB1が不足するとイライラしたり怒りっぽくなるのは、脳のエネルギー源である
糖質(日本人の場合、主として米から摂取)がうまく代謝できず、不完全燃焼を起こす
からにほかなりません。

小豆の赤い色は生命のシンボルといってもいいほど、小豆には生命を守る成分が豊富
に含まれています。
利尿効果のあるサポニンや、細胞の分裂や新生に欠かせない亜鉛。
さらにアントシアニンという抗酸化成分の赤い色素そのものが、私たちの体を構成する
細胞を酸化から守っているのです。
つまり、小豆は日本人の長寿食でもあるのです。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-10-01 23:45 |
<< マクロビ井戸端会議@我や(青山店) スイーツ >>