ほとんどコラム

わたのこだわり
by intimacy-wata
カテゴリ
全体

お出かけ
学ぶ
暮らし
ライフログ
フォロー中のブログ
メモ帳
以前の記事
最新のトラックバック
バルーンスカート
from バルーンスカート特集
em wuoleh
from eatuqojj iatak
buy acyclovir
from acyclovir
uipicey if
from ixiyid teekuku
hriuxasi upis
from peekux xvae
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

COBO-NET

ティアラ江東で催された「酵母ネット展」に行ってきました。
ウエダ家さんが主催する酵母イベントに参加するのは二回目ですが、今回はなかなか
盛大でした。
公会堂の大きな一室に設置された14個のブースには、様々な方の様々な酵母料理が
見事に並び、それぞれの個性を際立たせていました。
試食タイムでいくつかテースティングさせて頂きましたが、
「やっぱ酵母ってスゴイ!」
というのがひっくるめた感想。

いわゆる天然酵母パンはすっかりメジャーですが、
酵母はスイーツやおかずでも調味料としてその実力を余すことなく発揮します。
とにかく酵母というヤツは、素材の旨みを引き出すのです。
素材の旨みを引き出すということは、それぞれの食材が最高に輝きます。
その酵母を摂り入れるというのですから、身体も元気になるのは当然だと思います。
美味しいものを食べると、なんだか嬉しくなりませんか?
心と体が喜ぶと、とても健康で幸せになれますよね。
だから僕は酵母が大好きです(笑)

我家でも何種類かの酵母を育てています。
そのまま飲んだり、パンになったり、調味料になったりします。
作るのは簡単です。
・密閉できる容器
・野菜/果物
・水
基本はこれだけです。

容器は熱処理(滅菌)されたものを使います。

水は水道水が良いそうです。
ボトル入りのミネラルウォーターではなく、流れる水の方がエネルギーが強いそうです。

肝心の酵母ですが、酵母は自然界に、目の前の大気中にも居ますが、
野菜や果物の「実と皮の間」に多く存在しているそうです。
実が餌にもなりますから、酵母の素となる食材は丸ごとが理想です。
皮のみで作る場合には、甜菜糖などを加えて酵母に餌をあげてください。

林檎酵母・葡萄酵母・柿酵母・生姜酵母・・・etc
挙げればキリがないほど、いろいろなもので作ることができます。

容器の中で酵母菌が育つプロセスが楽しいのですが、詳細は省かせて頂きます。
おおまかな流れは次のようになります。
(1)密閉された容器の中で、酸素を必要とする雑菌達は死滅します。
(2)糖分を餌にして酵母菌が増えてきます。
(3)しばらくすると酢酸菌が酵母菌よりも増えてきます。

(2)の段階は、そのまま飲んだりパンに向いています。
(3)の直前が調味料に最適です。
(3)が進むと酢になります。
つまり、酢酸菌が一番強いのです。
酵母菌が育たないこともあれば、酢になってしまうこともあります。
冷蔵庫で成長を遅らせることは出来ますが、酢になるまでは一週間と掛かりません。

酵母は生きているので手が離せませんが、ほんと良いヤツです。
それでは、素敵な酵母ライフを。
[PR]

by intimacy-wata | 2006-11-03 20:06 | お出かけ
<< シメジとピーマンの炒め煮 楽しみなセミナー >>